忍者ブログ
ポテチの水彩絵の世界にようこそ! 気分でコメントや画像とか、恐いのや面白い毒ある話とか、 現実の花の色と違ったりとか、妙な感じです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

http://file.tanakaharuo.blog.shinobi.jp/christina_aguilera1.jpg

大好きなクリスティーナ・アギレラの最新アルバム「Bionic」がでました〜
先行シングル曲「Not Myself Tonight」のPV(上の画像)で
ちょっと衝撃を受けました。
ブリトニー・スピアーズといい、レディー・ガガといい、
最近のトップ・アイドルの女子達はこぞってマドンナをリスペクトしてますが
通らなくてはいけない道なのでしょうか!?
ちなみにこのPVは、完全にマドンナ「Express Yourself」のオマージュ作品です。
露出多めのSMチックなレザー・ファッションは完全に着こなさないと
単なるエロになってしまうだけに、とっても難しい。
それを完璧にしていかにクールに魅せるかの競争のようです。
そういえば映画「THE MATRIX」とか、SF近未来でのクラブの
ダンスフロアの場面には決まってこんなファッションな方ばかり。
それが実にみんなカッコいいんだよな〜ハァ〜(己を見直してため息)

クリスティーナ・アギレラといえば、私は「Beautiful」。
この曲が一番大好き。
ゲイを筆頭に社会的弱者への共感を歌ったこの歌詞の内容に、もう目から鱗。
この曲で勇気を貰った人は多いはずです。
ジャズ・アーティストのハービー・ハンコックのアルバムに参加して歌った
レオン・ラッセルの名曲「A Song For You」のカバーや
「Stripped」ライヴ・ツアーで歌ったジャズの名曲「At Last」など、
歌唱力がもうハンパないのだから、私としては過激な今の流れに乗らないで
セカンドアルバム「Stripped」の様な赤裸々で豊かな歌を歌ってほしいなと
思うのですが、どうでしょうか?....とはいえ、
これはこれで実に素晴らしいです。

http://file.tanakaharuo.blog.shinobi.jp/christina_aguilera2.jpg

ちなみに上の画像は「Beautiful」のPVより画像を引用したものです。
曲もさながら、このPVの内容には共感この上なく、かなりぐっときます。
クリスティーナ・アギレラがとても美しい。

Christina Aguilera:The Official Christina Aguilera Site
http://www.christinaaguilera.com/us/home

Sony Music Online Japan : クリスティーナ・アギレラのサイト
http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Arch/BV/christinaaguilera/


PR
http://file.tanakaharuo.blog.shinobi.jp/lady-gaga-Alejandro1.jpg

嗚呼、レディー・ガガの最新曲「Alejandro」のPVが
おぞましくて美しすぎる!
海外では尼僧の衣装、及びロザリオを食べる場面などが、
宗教の冒涜!?とのことで話題になってますが、
それ以前になんだか観ていて(良い意味で)私は寒気がしました。
この作品の監督は凄いヨガのポーズのマドンナを撮ったりと、
独特な雰囲気をいつも醸し出している作品がとても面白くて
個人的に大好きな写真家のスティーブン・クライン。
雰囲気として、マーティン・シャーマン戯曲作品「Bent/堕ちた饗宴」の緊張感、
デレク・ジャーマン監督作品の荒廃した近未来的イメージと、
耽美でファンタジーな感じがシンクロしました。
展開がマドンナ「Express Yourself」のPVになんとなく似ていて、
荒くれたマッチョな労働者に対して、おかっぱ頭の不気味な男軍団、
女性の攻撃的な雰囲気の尖ったブラに対して、乳首が機関銃になったブラとか。
「Express Yourself」当時は、
もっと女を主張して男社会を渡り歩こう!!っていう風潮、
まさにマドンナはそんなアイコン的存在だったわけですが、
今や変に強くなり過ぎたことで、
男が不気味な草食系が増えてしまったことへの嘆きの様に思えて、
レディー・ガガ、前作品「Telephone」ではレズビアンだったし。
もしかして、素直にそんな現代の風潮の "女性" アイコン目指してる?
と思ったのは、私だけかな。

http://file.tanakaharuo.blog.shinobi.jp/lady-gaga-Alejandro2.jpg

ちなみに上の画像は本PVより引用

Lady Gaga 日本公式サイト:
http://www.universal-music.co.jp/u-pop/artist/lady_gaga/index.html



http://file.tanakaharuo.blog.shinobi.jp/lady-gaga-telephone1.jpg

嗚呼、レディー・ガガの曲「Telephone」のPVが素晴らしすぎる!!
「Video Phone」でフューチャーしたお返しでしょうか。
そのPVではビヨンセとガガが様々なコスチュームを着て
不思議でカラフルな拳銃を撃ちまくる感じでしたが、
今回の作品は、監獄の美しい囚人たちが居並ぶ中を、
インパクトある胸元が大きく開いたドレスを着たガガが
ドドーンと新入りとして登場します。
独房に入れられた途端、なぜか看守に裸にされてしまいます。
それから女子プロレスラーの様な筋肉ムキムキの女たちが
筋トレしていたりする中庭に出てくるのですが、
なぜかトレードマークのサングラスには
何十本もの火のついたタバコが敷きつめられていて、
かなり可笑しいガガさんですが、異様にキマっていて、
その姿は女番長の元締めみたいな風格が。
おもむろに近寄ってくるレザーでキメた女とご挨拶の様にディープキス。
そして美しい囚人たちと牢屋をバックに踊りまくります。
仮釈放されたガガを「PUSSY WAGON」というド派手な色の車で
迎えに来るのがビヨンセ。
なんか見覚えがあるなと思ったら、
タランティーノの映画作品「Kill Bill」に登場するワゴンじゃないですか。
「妖精さん。あんたって本当に悪い子ね」
と言いながら菓子パンを食べるビヨンセ。
そしてそのパンをガガがかじりかえしてと、
そのままとあるファミレスへ。
その店のコックとして忍び込んだガガは、
蜂蜜に料理番組さながら毒をトクトク盛り、
なぜかドぎついメイクをした同僚のコックの男たちと共に
マドンナの「Hung Up!」のPVを意識した様なダンスを踊ります。
店の客たちはみんなパンケーキを頼んでいて、
その蜂蜜をかけて口にしては泡をふき、バッタバッタと次々に倒れ、
そのままみんな死亡。
その死体たちを尻目にガガとビヨンセは、
同じユニオン・ジャックをモチーフに
カラフルな衣装のダンサーと共に楽しく踊りまくります。

http://file.tanakaharuo.blog.shinobi.jp/lady-gaga-telephone2.jpg

その模様がニュース番組に流れるのですが、
映像の中に「HOMOCIDE」の文字が。
大量殺人をするはずです。
この2人はレズビアンで殺人鬼のカップルだったのですね。
そのまま2人はなぜかお着替え。
敬虔なイスラム教徒の女性が着ている全身を覆う様なドレス姿で
警察官をものともせず、彼方に行ってしまいます....って、
ちょっと私の深読みかもしれないですけど、
あるテロ組織が浮かんでしまうのですが...
ま、それは置いといて、
この敵なしの世界最強なポップ・ディーヴァのタッグ。
ヤリ過ぎな装飾的というか、
デカダントな衣装や演出などのゴージャス感は
まるで艶やかなドラァグ・クイーンの様。
いろいろな角度から魅せつけられたって感じで、
もうメロメロです。

YOUTUBEでかなり配信されていますので、
この超超ブラックに満ちてて秀逸な映像作品、
良かったら覗いて観てはいかがでしょうか。





プロフィール
HN:
ポテチ/ラダ
年齢:
43
性別:
男性
誕生日:
1974/04/11
職業:
会社員
趣味:
単館系映画鑑賞、音楽や絵画鑑賞、そして絵を描くことと...
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
忍者AD-MAX
フリーエリア
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]