忍者ブログ
ポテチの水彩絵の世界にようこそ! 気分でコメントや画像とか、恐いのや面白い毒ある話とか、 現実の花の色と違ったりとか、妙な感じです。
[226]  [225]  [224]  [223]  [222]  [221]  [220]  [219]  [218]  [217]  [216
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

http://blog.cnobi.jp/v1/blog/user/7170818ba3679a9c8a30a9deff30364e/1257672115
昨日、即興による音楽とダンスの祭典「ARTEVEKTOR 5」に行ってきました。
場所は神楽坂駅から少し歩いたところにあるセッションハウス。
中野のあるライヴ会場もそうですが、住宅街と隣接しているのに途中、
なんだかいつも不思議に感じてしまいますーって、
まぁ、どうでも良いことなんですけど。

地下の会場に入ると一転、緊張感ある別世界な雰囲気に。
バックにアングラ感抜群の映像が映し出されたステージに
数人の演奏者と数人のダンサーが創るその世界。
ちょっと霊能者っぽくいうと、
只ならぬパワーが溢れまくり状態で、それだけに、
ああ、これは観るこちら側も気合いを入れなくては死んでしまうっ!
ということで、思わぬ圧迫に耐えつつ、即興演奏を聴いていく。
すると、その圧迫に乗れるようになってきた、ちょっとしたトリップ感。
夢見と覚醒を繰り返す感じ、とても面白いじゃないか。
即興でテーマがあるわけではないのに、
生まれることが出来なかった水子の霊が彷徨う感じだったり、
村のお祭り風とか、内向的な魂の叫びとか、自然讃歌っぽかったり、
あくまで私のイメージですけど、番ごとに違っていたのが面白かったな。
ちなみに3番目と4番目の公演がとても良かったです。

ただ、ダンサー達(舞踏??)が五月蝿いだけにしか見えませんでした。
はっきりいってユーモアっぽい演出みたいな動きは邪魔、
これはエンターテイメントではない、
あくまで魂の発散みたいな場なのだから、
ダンスなんだけどダンスでない、そんな動きから生まれる力、
それが一体化して新たなモノが生み出され流れていく、
そんな表現だと思う。
これなら演奏と映像のみの方がよかったな〜と思ってしまいました。

http://blog.cnobi.jp/v1/blog/user/7170818ba3679a9c8a30a9deff30364e/1273406745

残念なことに、5番目からの公演からは
もう、お腹いっぱいという感じで退席してしまいました。
次回も公演があることでしょうから、
負けないようにもっと気合いを入れて行ってみようと思います。

ARTEVEKTOR:http://artevektor.com/


PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。


プロフィール
HN:
ポテチ/ラダ
年齢:
45
性別:
男性
誕生日:
1974/04/11
職業:
会社員
趣味:
単館系映画鑑賞、音楽や絵画鑑賞、そして絵を描くことと...
カレンダー
02 2020/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
忍者AD-MAX
フリーエリア
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]