忍者ブログ
ポテチの水彩絵の世界にようこそ! 気分でコメントや画像とか、恐いのや面白い毒ある話とか、 現実の花の色と違ったりとか、妙な感じです。
[720]  [719]  [718]  [717]  [716]  [715]  [714]  [713]  [712]  [711]  [710
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



男A 「うわっ、ゴキブリだ!」
男B 「何ビビってんだよ」
男A 「俺、ゴキブリだけはマジで無理なんだよ」
男B 「汚い家で悪かったな。そんなに嫌なら俺が殺してやるよ」
男A 「よくゴキブリ出るのか? 殺したことあるの?」
男B 「たま~に出るかな。殺すのは今日が初めてだけど、まぁ大丈夫だろ」
男A 「ちょっと待てよ!
     なんか汁とかたくさん出るんじゃね? カーペット汚れるぞ」
男B 「当たり前だろ? 後の処分のほうが大変なんだから。
     刃物使わなきゃ血とか内蔵とか出ない様に殺せるだろうけど、
     初めてだからなぁ~」
男B 「刃物じゃなくても、新聞紙とかで潰したって出るだろ?
   なんか申し訳ねぇな」
男A 「気にするなよ。
     お前は友だちだったし、せめて痛くない様に一発でやってやるからさ。
     覚悟はいいか?」
男B 「おう」



私はワクワクしていた。
だって、久し振りにみんなに会えるから。
だから朝からずっと笑顔だった。
(あっ、サトシくん、すごい痩せてる)
(ヨウ子、黒に映えてキレイになったなあ。グッ!)
(ユミちゃん、学校の先生になりたいって言ってたけど、なれたのかな)
そうして遠くからみんなを観察している私の目に、
ある男性の姿がうつった。
(中里くん...)

中里くんは当時、私が憧れていた人だった。
この人に会いたくて私は....
だって彼、仕事が忙しくて、前の同窓会には来てなかったから。
同窓会じゃダメだと思ったから。
彼が来ていることを知った私は嬉しくて、ついニヤけてしまった。
ふと奥の方を見ると、うっすらとユキの顔が見えた。
(フフッ、ユキ、ごめんね。ヒヒヒッ)
私は中里くんのことを想いながら、そっと手をあわせた。



今日、メールが4通来た。
1通目は俺の母親からで、姉が子供を産んだそうだ。
「明日病院に見に行く」と返信した。
2通目は父親からで、今週の日曜は帰って来るのか聞いてきた。
「仕事が忙しくて無理っぽい」と、返信した。
3通目は女友だち? からで、電話に出ないから心配していた。
「熱が出てフラフラ、お腹空いたけど動けない……」と、返信してみた。
すると、4通目が来た。
仕事が終わったら、お見舞いにケーキを買って来てくれるそうだ。

それなら掃除は明日一緒にやろう、忙しくなりそうだし、
赤ちゃんを見に行けそうにないな。



「……彼を殺した犯人は、俺が必ず見つけ出すよ」
こんな卑劣な嘘も吐けるんだ。
自分に戦慄した。
「本当に? 約束してくれる?」
彼女は泣き顔をあげた。
俺の瞳を直視する。
「ああ。見つけたら、殺してやる」
「.....ありがとう」
彼女の表情からは、俺への感謝よりも、彼への愛が溢れていた。
パーン!!!

「見つけたよ。君の瞳の中に」



PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。


プロフィール
HN:
ポテチ/ラダ
年齢:
46
性別:
男性
誕生日:
1974/04/11
職業:
会社員
趣味:
単館系映画鑑賞、音楽や絵画鑑賞、そして絵を描くことと...
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カウンター
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
忍者AD-MAX
フリーエリア
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]