忍者ブログ
ポテチの水彩絵の世界にようこそ! 気分でコメントや画像とか、恐いのや面白い毒ある話とか、 現実の花の色と違ったりとか、妙な感じです。
[334]  [333]  [332]  [331]  [330]  [329]  [328]  [327]  [326]  [325]  [324
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



おばさんが、会社のお得意先にお歳暮かなんかを届けるっていうので、
俺がおばさんの手伝いする約束だったんだけど、急用で行けなくなったから、
妹のシゲ子を行かせたんだ。
シゲ子は運転出来ないから、おばさんが運転してたらしいんだけど、
幾つかお得意先を回って、いよいよ最後ってところで、
おばさんがいきなり、
「あそこだけは、どうしても行きたくないから、シゲちゃん。
代わりに行ってきてくれないかしら?」
って言われたんだって。
そこは、普通の民家の中を会社として使ってるとこで、
シゲ子は、ここまでおばさんと一緒に各お得意先に配ってきたし、
まぁ手順はわかるし、ってことで、ひとりで行くことに。
玄関まで行って、その家のチャイムを押そうとした瞬間、
シゲ子は何か焦げ臭い様な、とても嫌な臭いを感じたらしい。
まぁ、それからは社員の人が出てきたから、ご挨拶して、
お歳暮渡してから敷地の外に出てくるまで、特に気にしなかったものの、
その嫌な感じの臭いはずっと鼻についていたらしくて、
やっぱり何か変だなって思ったシゲ子は
車で待ってるおばさんのとこに早足で戻ったそうだ。
そしたら、車の中でおばさんが滝の様な汗をかきながら
腹を押さえて苦しんでいた。
シゲ子がすぐに彼女を呼びかけながら、抱きかかえて顔をパッとみると、
彼女の目が釣り上がり、頬がこけ落ちて、顔が崩れて、
それはまるで悪霊の親玉みたいな顔をしてたらしい。

シゲ子は、すぐに救急車を呼んだんだけど、
救急車が来るまでずっと
「シゲちゃん、臭いよ! 焦げ臭いよ! シゲちゃん、助けて!!」
って叫び続けながら暴れて、シゲ子は押さえ込みながらも
ずっと怖くて泣きそうだったって言ってた。

その後おばさんは腸捻転? で入院したんだけど、彼女曰く、
30年ぐらい前に、その家があった場所で火事があり、
ちょうど居合わせたからと、興味本位で燃えていく様をみてたら、
中から燃えた子供が出てきたのをみてしまい、
それ以来ぶりに、そこへ行った瞬間、人が焦げた臭いを感じたから、
シゲ子に頼んだんだって。
そんな場所にまた縁が出来るなんて、
......よっぽどだったんだな。



PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。


プロフィール
HN:
ポテチ/ラダ
年齢:
44
性別:
男性
誕生日:
1974/04/11
職業:
会社員
趣味:
単館系映画鑑賞、音楽や絵画鑑賞、そして絵を描くことと...
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カウンター
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
忍者AD-MAX
フリーエリア
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]