忍者ブログ
ポテチの水彩絵の世界にようこそ! 気分でコメントや画像とか、恐いのや面白い毒ある話とか、 現実の花の色と違ったりとか、妙な感じです。
[702]  [701]  [700]  [699]  [698]  [697]  [696]  [695]  [694]  [693]  [692
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



乗客を乗せていたら突然消えてしまったというタクシー怪談。
よくありますよね。
これは、その元となった実話。
恋人の浮気相手を殺害し、
城ヶ湖という湖に捨てた男が車で帰宅途中に悪臭が。
トランクの中に恋人の死体が入っていた。
恐ろしくなってもう一度捨てに行くと、
今度は自宅に浮気相手の死体があったという。
男は恐怖して自供。
管理人の話によれば、
その日男は部屋に籠りきりで、外には出てないとのこと。



南アフリカのある地方に、動く人形があるという。
イギリス人記者が、それがある祠に行ったところ、
突っ立ったままで動こうとしない。
そのことを現地人に報告すると、彼らは一気に青ざめた。
その人形は、座っているはずだと。
記者がそこに戻ると、
人形は座ったままでニコニコと微笑んでいたとのこと。



都内某所の女子高の校舎に閉ざされた螺旋階段がある。
窓のひとつもないそこを降りていくと、
やはり窓のひとつもない小部屋がひとつ。
その床の真ん中に、なぜか電話とマットレスが置かれている。
電話線はもちろん通じていないはずだが、
時々閉鎖された扉の前を通ると
コール音と男の荒い息の音が聞こえるとのこと。



ドイツのアイゼナハ地方に生きている館があった。
入るたびに部屋の位置や廊下の形が変わるのだそうだ。
1972年、大学の調査隊が訪れた際、
学生の1人が誤って壁を傷つけてしまった。
すると、大きな叫び声に似た音が館に響き、
全ての部屋の明かりが粉々に割れ、消えた。
それ以降、不思議な現象はおきなくなったとのこと。



1983年8月頃、カナダのグレートベア湖に、
南から見慣れぬ渡り鳥が渡って来た。
付近に住む野鳥学者は、研究のために一部の鳥たちの足にプレートをつけて、
また湖に還した。
鳥たちは冬になると南へと姿を消し、
翌年も戻ってくることは無かった。
しかしその5年後に、そこからその鳥によく似た化石が発見されると、
その足には何かをくくりつけた跡があったとのこと。



1989年、アメリカ・コロラド州に住むボウマンが、
ネットの掲示板上での殺人予告を見つけた。
しかも、その指定された場所のモールは、自分が午後から働くバイト先。
その後、彼は過ちで見ず知らずの老婆を轢いてしまった。
警察が身元を調べると、なんとその老婆は、
あの殺人予告で彼の見た被害予定者だった。
しかし調べても、彼のいうそんな書き込みはどこにも存在しなかったとのこと。
さて、ボウマンは何を見たのだろう。



明治35年の9月3日、山形県のとある村で男の子が生まれた。
助産婦とその母は、その子供を見るとすぐに右目を包帯で隠した。
その男の子は40歳で亡くなるまで包帯を巻き続け、
結局、右目がどの様だったのかを知る者は誰ひとりもいなかったとのこと。



埼玉県の研究室で伝染催眠術の実験が行われた。
これは、催眠に掛けられた人間が他の人に再び催眠をかけ、
それを人々に広めるというものだ。
実験では、1人にパソコンがあると思い込ませて掲示板に書き込みをさせ、
別の1人を部屋に入れて感染させてそれを読み取らせることに、
ほぼ成功したという。
しかし同時刻に、実際の掲示板にも
それと同じ書き込みがされていたとのこと。
催眠はどこまで広まったのか?


PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。


プロフィール
HN:
ポテチ/ラダ
年齢:
46
性別:
男性
誕生日:
1974/04/11
職業:
会社員
趣味:
単館系映画鑑賞、音楽や絵画鑑賞、そして絵を描くことと...
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カウンター
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
忍者AD-MAX
フリーエリア
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]