忍者ブログ
ポテチの水彩絵の世界にようこそ! 気分でコメントや画像とか、恐いのや面白い毒ある話とか、 現実の花の色と違ったりとか、妙な感じです。
[689]  [688]  [687]  [686]  [685]  [684]  [683]  [682]  [681]  [680]  [679
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



後の世にして鎌倉時代と呼ばれる動乱の時期、
出雲の国多伎村の井戸に1匹の鯉が放たれた。
数年後の神在月に入った頃、
1人の老人が村を訪ねて喉の渇きを訴え、村人に水を求めた。
村人が快く水を与えると老人は水神となり、
井戸の鯉を龍に変え大社へと飛び去ったという。
井戸は現在まで涸れずに残っているが、
近年の調査でも元となる水脈は発見されなかったとのこと。



ドイツに、"夕暮れの塔" と呼ばれる高い塔があった。
その塔の最上階から見える景色はいつも夕焼けだという。
それを聞いたある作家が、「そんなはずはない」と朝早くから塔に登った。
しかし塔は高く階段も急で、やっと最上階に着いた時にはもう夕方だった。
「 "夕暮れの塔" とはそういうカラクリか」と合点した作家は、
今度は夕方に塔に登ることにした。
最上階にたどり着く頃にはもう夜中のはずだ。
そう思い塔に入った瞬間、彼は絶句した。
夕陽の差し込むそこは、紛れもなく最上階だったとのこと。



アイルランドである男が、
何週間も続けて顔も見たことのない女の子の夢を見た。
相談した占い師に「お前はその少女に殺されるであろう」と予言され、
その男はノイローゼに。
ある日、バス停で夢に出てきたそのままの少女に
「わたし、おじさんと夢で会ったよね?」と声をかけられた。
半狂乱になった男は、名前も知らない少女をその場で絞め殺した。
その咎で、男は縛り首になったとのこと。



骸骨など不気味なモチーフを用いながらもどこか親近感の湧く、
不思議な絵を描く画家がいた。
黒衣をまとった骸骨の絵を見た彼の知り合いが、
「これは死神かい?」と彼に尋ねた。
画家は首を横に振り、
「これは近所に住んでる神父さ。神父の服を着てるじゃないか」と答えた。
彼にはなぜか肉を透かして人の骨格が見え、
自分が見たままに人物画を描いているとのこと。



自殺の名所として知られる富士の樹海こと青木ヶ原樹海にて、
ある男性の首吊り死体が発見された。
遺体の第一発見者の証言によると、
彼はその故人が書いていたと見られるブログの読者で、
タイトルの頭文字を順に読んでいくと
この場所で首を吊って死ぬと読めたのだとのこと。
警察関係者が実際に確認したところ、
その日投稿されていた最新の記事を除けば確かに読めたとのこと。



真冬のロシアでの話。
雪の降るある晩、ヴァレンティナ夫人は紅茶を飲もうと思い、
やかんを火にかけた。
しかし何分たってもお湯が沸かない。
それどころか、やかんの中の水は冷たいままではないか。
奇妙なことは何でも幽霊のせいにするヴァレンティナが震えていたころ、
彼女の家の外では泥酔した男が寝ていた。
男は風呂に入っている夢を見ており、
段々お湯が熱くなるのに耐え切れず目を覚まし、無事帰ったとのこと。



埋葬した人が、棺桶の中で息を吹き返すということがある。
そのまま死なせてしてしまうのを防ぐため、
中で動きを感知すると警報音が鳴る棺桶が作られた。
ある晩、その棺桶から警報が響いた。
それは保管してあった棺桶全てで、
中に誰も入っていないものだったとのこと。



「サイコロを振った時にそれぞれの目が出る確率は1/6である」
ということを証明した人はいない。
「何度もサイコロを振るうちに限りなく1/6に近づく」
ということが分かっているだけである。
『人類がサイコロを振った回数が計100兆回を超えると、
それ以降は常に1の目しか出なくなる』
神がそんなプログラムを用意していない保証はない、
とある数学者は語ったとのこと。

信じようと、信じまいと―



PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。


プロフィール
HN:
ポテチ/ラダ
年齢:
46
性別:
男性
誕生日:
1974/04/11
職業:
会社員
趣味:
単館系映画鑑賞、音楽や絵画鑑賞、そして絵を描くことと...
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カウンター
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
忍者AD-MAX
フリーエリア
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]