忍者ブログ
ポテチの水彩絵の世界にようこそ! 気分でコメントや画像とか、恐いのや面白い毒ある話とか、 現実の花の色と違ったりとか、妙な感じです。
[685]  [684]  [683]  [682]  [681]  [680]  [679]  [678]  [677]  [676]  [675
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



「真夜中に電気冷蔵庫から出る音が、中年男の唸り声の様に聞こえて眠れない」
1960年代、この様な苦情が、ある家電メーカーの苦情係に相次いで寄せられた。
担当者たちが青くなったのは、苦情が栃木の某工場で生産した製品に集中しており、
その工場内で中年の男性労働者が何者かにレイプされ、
殺される事件が発生していたためであったからとのこと。



徳島在住の田村氏は1975年頃、三波春男のコンサートで不思議な人物に会った。
それは和服の老爺で見事な白い髭を蓄え、
射る様な眼光は今も記憶に残るほどだ。
「お客様は神様です」
この有名な文句は三波独特の宗教観に裏打ちされたもので、
彼の意識で芸の披露は神々への奉納だったとのこと。
三波には神が見えたのだろうか。



電子レンジの原理は、
第二次世界大戦中に米国の軍需企業で偶然発見されたものだ。
その開発したチームはホムンクルスを作っているという噂も立てられた。
火災・放電・爆発、物体の消失や出現などといった開発の苦難は、
確かにオカルトじみたものである。
死者11人、発狂6人、行方不明5人の犠牲を払って、
電子レンジは製品化されたとのこと。



とある夫人が洗った飼い猫を乾かそうとして電子レンジに放り込み、
加熱してそのまま焼き殺してしまった。
これはかなりなポピュラーな都市伝説だが、
これを再現する様な事件が1982年、米フロリダ州の田舎町で発生している。
ペットを死なせた宅配業者の男は、これも噂話をなぞる様に
「不良品を売ったメーカーが悪い」と訴訟を起こした。
「実家の猫は風呂好きで、毎日これで体を乾かしていた」とのことだが、
男の訴えが通らなかった点は噂と異なる。



「電子レンジに猫を入れると爆発する」
とある人気バラエティ番組に視聴者から送られた "雑学" は、
当然プロデューサーに却下されたが、
ある下請け制作会社が不謹慎な好奇心から "実際にやってみた" らしい。
番組関係者は社会の非難を恐れると同時に、
下請け会社の4人を変死させた「祟り」の波及を恐れた。
これが人気番組でありながらレギュラー放送を打ち切った理由であるとのこと。



ある男は毎朝自分で淹れた茶を飲むのが習慣で、
毎日茶柱が立つのを自慢していた。
実際に男は運が良く、事故も遭わず大怪我もせずに
平穏で幸福な日々を過ごしていた。
ある朝、男の淹れた茶に茶柱が立たなかった。
男は多少不安を感じつつも仕事へ出た。
1923年9月1日、その日発生した関東大震災によって、
男はきっかり正午に命を落としたとのこと。



ある町で、男の刺殺死体が2体見つかった。2体は顔貌から死に方まで同じだった。
2体のDNAは完全に一致し、また凶器から死体以外の指紋は検出されなかった。
しかし、検案が終わり解剖へ回されようとした2体の1つが忽然と消えてしまった。
それぞれ、男の素性は全く分からず、
解剖を終えた死体は単に自殺した無縁仏として処理されたとのこと。



フランス西部のある村には、
1400年代に巨人が住んでいたという伝承が残されている。
巨人が住んでいたと言われる遺跡もあるのだが、
どう見ても普通の人間サイズである。
では何故巨人と言われる様になったのか?
この村の伝承には次の様な描写がある。
「見上げれば牛より高いであろうか、
 巨大なる人が不思議そうに見下ろしていたのだ」




元来 "UFO" とは未確認飛行物体の略であり、
"異星人の宇宙船=UFO" というのは間違いである。
例えば、1944年4月2日に台北市内で目撃されたものが宇宙船でない
"UFO" として挙げられる。
その飛行物体は明確に人型であり、
体長は約1m、燐光に包まれ10m程上空を飛行していた。
数人がそれを目撃し、空中へ染み入る様に消えたこの物体の正体は
未だ判明していないとのこと。



ある男が、ここ数日扉を開ける夢ばかり見るんだと知人に漏らした。
知人は機転を利かせ、新しい進展がある暗示じゃないかと言ったが、
どうも扉を開けた先にまだ扉があるらしい。
翌日、男は知人にもう夢は見ないかも言った。
開けた先の扉が無い夢を見たというのだ。
さらに翌日、男は深夜に心臓発作で死亡したとのこと。
彼が開けていた扉は何だったのだろうか?



1978年。北海道、根室沖で起こった定期連絡船・福富丸沈没事故。
乗員乗客867人全員死亡という惨事になったこの事故の翌年、
根室管内の漁場で軒並みカニなどの甲殻類の卸値が下落した。
茹でたカニの甲羅から人間の頭髪や歯が出てきたという話が
相次いだためとのこと。

信じようと信じまいと―

ちなみに、カラフルで可愛いものに溢れたブランド "ベネトン" の
愛と平和への願いが込められたインパクトある広告画像です。
ストレートすぎていつもビックリ、でも素晴らしいと思います。

United Colors of Benetton: http://www.benetton.com/



PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。


プロフィール
HN:
ポテチ/ラダ
年齢:
46
性別:
男性
誕生日:
1974/04/11
職業:
会社員
趣味:
単館系映画鑑賞、音楽や絵画鑑賞、そして絵を描くことと...
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カウンター
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
忍者AD-MAX
フリーエリア
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]