忍者ブログ
ポテチの水彩絵の世界にようこそ! 気分でコメントや画像とか、恐いのや面白い毒ある話とか、 現実の花の色と違ったりとか、妙な感じです。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



乗客を乗せていたら突然消えてしまったというタクシー怪談。
よくありますよね。
これは、その元となった実話。
恋人の浮気相手を殺害し、
城ヶ湖という湖に捨てた男が車で帰宅途中に悪臭が。
トランクの中に恋人の死体が入っていた。
恐ろしくなってもう一度捨てに行くと、
今度は自宅に浮気相手の死体があったという。
男は恐怖して自供。
管理人の話によれば、
その日男は部屋に籠りきりで、外には出てないとのこと。



南アフリカのある地方に、動く人形があるという。
イギリス人記者が、それがある祠に行ったところ、
突っ立ったままで動こうとしない。
そのことを現地人に報告すると、彼らは一気に青ざめた。
その人形は、座っているはずだと。
記者がそこに戻ると、
人形は座ったままでニコニコと微笑んでいたとのこと。



都内某所の女子高の校舎に閉ざされた螺旋階段がある。
窓のひとつもないそこを降りていくと、
やはり窓のひとつもない小部屋がひとつ。
その床の真ん中に、なぜか電話とマットレスが置かれている。
電話線はもちろん通じていないはずだが、
時々閉鎖された扉の前を通ると
コール音と男の荒い息の音が聞こえるとのこと。



ドイツのアイゼナハ地方に生きている館があった。
入るたびに部屋の位置や廊下の形が変わるのだそうだ。
1972年、大学の調査隊が訪れた際、
学生の1人が誤って壁を傷つけてしまった。
すると、大きな叫び声に似た音が館に響き、
全ての部屋の明かりが粉々に割れ、消えた。
それ以降、不思議な現象はおきなくなったとのこと。



1983年8月頃、カナダのグレートベア湖に、
南から見慣れぬ渡り鳥が渡って来た。
付近に住む野鳥学者は、研究のために一部の鳥たちの足にプレートをつけて、
また湖に還した。
鳥たちは冬になると南へと姿を消し、
翌年も戻ってくることは無かった。
しかしその5年後に、そこからその鳥によく似た化石が発見されると、
その足には何かをくくりつけた跡があったとのこと。



1989年、アメリカ・コロラド州に住むボウマンが、
ネットの掲示板上での殺人予告を見つけた。
しかも、その指定された場所のモールは、自分が午後から働くバイト先。
その後、彼は過ちで見ず知らずの老婆を轢いてしまった。
警察が身元を調べると、なんとその老婆は、
あの殺人予告で彼の見た被害予定者だった。
しかし調べても、彼のいうそんな書き込みはどこにも存在しなかったとのこと。
さて、ボウマンは何を見たのだろう。



明治35年の9月3日、山形県のとある村で男の子が生まれた。
助産婦とその母は、その子供を見るとすぐに右目を包帯で隠した。
その男の子は40歳で亡くなるまで包帯を巻き続け、
結局、右目がどの様だったのかを知る者は誰ひとりもいなかったとのこと。



埼玉県の研究室で伝染催眠術の実験が行われた。
これは、催眠に掛けられた人間が他の人に再び催眠をかけ、
それを人々に広めるというものだ。
実験では、1人にパソコンがあると思い込ませて掲示板に書き込みをさせ、
別の1人を部屋に入れて感染させてそれを読み取らせることに、
ほぼ成功したという。
しかし同時刻に、実際の掲示板にも
それと同じ書き込みがされていたとのこと。
催眠はどこまで広まったのか?


PR


1922年、メキシコの石器時代の遺跡から
銃弾と銃殺された石器人の骨が出土した。
翌年、発見者のカーナボン氏は趣味のボウガンの暴発で死亡。
矢のあたった場所は発見した骨と同じこめかみであった。
現在、石器人の死因は鈍器によるものであるとされているとのこと。



「タイム・マシン」の著者として知られるH・G・ウェルズの小説の1つに
「陸の甲鉄艦」という題の物語がある。
戦場に鋼鉄の戦艦が登場し、砲撃で敵兵を蹴散らすという内容。
奇しくも執筆から3年後に大戦が始まり、
彼の母国イギリスでは "戦車" と呼ばれる新兵器が投入されたとのこと。
"……しかしそれを有りのままに記述するほど彼は無能ではなかった"
小説のラストは興味深い1文で結ばれている。



トルコの名家、ヨルゲン家で1854年に起きた事件。
当時のクリミア戦争の戦火を逃れるため、
ヨルゲン一家は中央ヨーロッパへの移住を計画。
逃亡のための荷物をまとめている最中、
当時6歳だった嫡男のロイが倉庫にあった箱の中から、1枚の肖像画を発見。
そこにはロイによく似た男児が描かれており、
その題名は「1854年」であったとのこと。



ヨハネ・パウロ一世という人物。
フリーメイソンと癒着し、
腐敗したバチカンを改革するべく法王となったものの、
在位わずか33日間で死去。
朝ベットで横になったまま亡くなっているのを発見されることになった。
以前の健康状態に全く問題はなく、前日も健康そのものの状態。
しかしバチカンはなぜか解剖を行わず、
血液を一滴でもとることを許さなかった。
そして、なぜかその死が発覚する30分前に葬儀屋が呼ばれていたとのこと。



1960年、アメリカのノースカロライナ地方でとある女性が、
自分は宇宙人にさらわれたと言った。
別に体に異常はなかったのだが、
不思議なことに彼女がその後妊娠すると、破水はしたものの、
結局何も生まれてこなかった。
ちなみに、その彼女曰く、
「あの彼は、あるポルノ男優そっくりだったわ」とのこと。



フランスのリオン郊外の公園には、
1908年頃まで不思議な形をしたオブジェがあった。
いつ、誰が作ったのか、付近の住民は誰ひとりも知らなかったが、
彼らにはとても親しまれていた。
それを見た旅行中のイギリス人物理学者が、
不可解に思いそのオブジェの力学計算を行ったところ、
それが立っているのは物理学上ありえないと言う結論に至った。
奇しくも同日、像は粉々に崩れ落ちたとのこと。



スイスのヴォー州の州都・ローザンヌに近いとある村には、
閉鎖されたトンネルがある。
そのトンネルには、以前、鉄道が通っていたのだが、
列車全体が入ってから出て来るのに、10分以上かかったという。
ある時、安全点検のために国が調査を行ったところ、
トンネルの長さは、明らかに列車の長さより短かったとのこと。
10分間、列車はどこを走っていたのか?



チリに死者を生き返らせることが出来る男が居たという。
彼の術により、生き返った人間は数知れずといわれ、
その土地では神の使いとして崇められていた。
ある日、アメリカのレポーターが取材に来たところ、
彼は死んだ亀などを生き返らせ、彼らを驚かせたとのこと。
しかし、さらに驚くべきことが判明した。
政府の公式記録によると、彼は1年前に死んでいたのだ。

信じようと、信じまいと―





第一次世界大戦中、子供を誘拐しては解体し、
その肉を販売していた夫婦が逮捕された。
夫婦の自宅からは29人分の子供の骨格が発見され、
本人たちも殺害を自白したが、
数ヵ月後、彼らが言い渡されたのは "詐欺罪" だけだった。
回収された29人の骨は、その全てが人間のものではなかったからとのこと。



1689年、アメリカ・イリノイ州にて、
シカゴの病院に変死した男性が運び込まれ、解剖を行うことになった。
しかし、解剖中に停電、手術室は暗闇に包まれた。
そして、予備電源が作動し照明が戻ると、男の遺体は忽然と姿を消していた。
次の日、男の遺体は焼却場で発見された。
変死の原因は、室内での凍死であったとのこと。



フランス・マルセイユのとある教会には、
"悪魔を閉じ込めた箱" があったという。
箱を振ると確かに、カタカタと木の玉の様なモノが中に入っているのがわかった。
1990年、そんな箱を聞きつけたアメリカのTV局のレポーターの女性がそこに訪れ、
神父に無断で蓋を開けてしまった。
すると、念仏の様な地鳴りが一瞬起こり、
紫色をした何かが飛んでいった。
残された箱の中には何もなく、
その後レポーターの女性はヨガにハマったとのこと。



ベトナム戦争の戦死者よりも、帰還後の自殺者の方が多いのは有名な話である。
しかし、自殺者の6%が「 "ラジールカ" が来る」と騒いで自殺していることは、
あまり知られていない。
彼らが戦時中、
拠点となる山を奪うための作戦に参加していることまでは確認されている。
現地の住人も "ラジールカ" が何なのか分からず、
今も不明のままであるとのこと。



1999年の全国食肉調査会の調べによると、
輸入した全食肉と国内で生産した食肉の合計が、
実際に国内で販売された食肉の量よりずっと少なかったという。
また、全国的な保健調査の結果、食後の体重の増加が、
食べた食品の重量より少なかった例が、暫し報告されたとのこと。
さて。我々は、一体何を食べているのだろうか。



17世紀の欧州にて、
ヨハネス・アラルダスという男がユダヤ人の恋人とともに処刑された。
罪状は獣姦。
当時、獣姦は死罪になるほどの罪だった。
獣姦なんかしていないというヨハネスに裁判官は言った。
「なぜなら、ユダヤ人との性交は人間が犬と交わるのと全く同じだからである」
とのことだが、
これが正当であった当時の世はよほど狂っていたのだろうな〜



第二次世界大戦後、若い医師の間にとある噂話が流行った。
それは精神科医のふりをした男が患者のふりをして
女性患者に猥褻行為を行うも、
彼女は医学生であったために発覚、
それから精神科医が偽物と気付くという他愛のないものだったが、
最後に「この話は決して某精神科教授には教えてはならない」という
不謹慎ともとれる不思議なオチがついていた。
あるインターンが興味本位でこの噂話をその教授に話したところ、
インターンは発狂し自殺してしまったという。



2006年、アメリカ・バージニア州にて、
モニカ・ターナーという女性は
日頃から150kg以上ある体形が気になっていた。
ある日の昼下がり、ある通りで広げていたロアの露店にて、
"脂肪を燃やして痩せる" という特殊なハーブティーを見つけ、即買いし、
毎日飲んでみることに。
それから3日後の昼下がり、自宅でタイプライターを打っていると、
何か燃える様な臭いがしたので、その元を探したものの、見つからない。
よく臭いをかいでみると、自分の服からしているではないか。
彼女はあわててコートを脱ぐと、その裏側の生地が熱くなっていた。
どうやら化繊が熱に反応していたらしい。
そして、その熱源が自分の身体であることに気づいた。
体中が発熱していた。それも、異常なほどの高温に。
慌てて彼女は服を脱ぎ捨て、冷水のシャワーを浴びた後、
近くの病院に駆け込んだ。

モニカの検査をした医師は驚いた。
なんと、血液から大量の固形燃料と同じ成分が溶け込んでいるではないか。
その固形燃料は、彼女の脂肪が変成したモノと判明。
全身の脂肪を調べると、そのほとんどがいつ燃えてもおかしくない、
人体発火スレスレな恐ろしい状態だった。
幸い、医師はすぐにOPを決行、彼女の脂肪はキレイに吸引され、
何事もなく3日後に退院したとのこと。
ちなみに、その特殊なハーブティーを売っていた露店を見た者は
誰ひとりいなかったという。

信じようと、信じまいと―





世界でもっとも歴史的に信憑性の高い亡霊の話がある。
それは第一次世界大戦中、
イギリス歩兵団対ドイツ騎馬軍のアモンの戦いで起こった。
敗走する英軍と追撃する独軍の間に突如、白く輝く騎馬軍が現れた。
独軍の馬までもが取り乱した。
その白い騎馬団は英軍を安全地まで護送した後、ふっと消えた。
それは独軍の戦詳記録簿にも残されており、
英国では当時大センセーショナルを巻き起こしたとのこと。
ちなみにその白い騎馬軍は英軍の記録に、
「天使の援軍」と称されて書き記されている。



旧日本陸軍が開発した三式中戦車は、
戦争を体験することなく本土で終戦を迎えた戦車である。
ところが1両だけ東南アジア戦線でその姿が確認されたことがあるとのこと。
当時の英軍兵の手記によれば、
"森から突然現れ" て "味方の大砲を5門破壊" して "いなくなっていた" らしい。
ちなみに、三式中戦車は約150両生産されたが、
工場で1両が丸ごと行方不明になる事件が記録されている。



第一次世界大戦中、オーストリアの部隊が、
友軍のイギリスの部隊を高台から眺めていた。
するとどこからともなく雲が現れ、イギリスの部隊は姿を消した。
彼ら、約300名は、今も服、靴、銃さえも見つかっていないが、
彼らの居た場所には、そのことを記した石碑が残されているとのこと。



14世紀末に一代で広大な帝国を打ち立てたティムール。
彼の墓がウズベキスタンのサマルカンドにある。
棺の裏には、
「我が墓を暴く者は我よりも恐ろしい者によって災厄に見舞われるだろう」
と刻印されている。
かつてソ連の調査隊が地元住民の反対を押し切って棺を開け、
調査を行ったことがあった。
3日後、ドイツ軍が独ソ不可侵条約を破って侵入。
"世界一悲惨な戦争" といわれる第二次世界大戦、
独ソ戦の始まりである。



太平洋戦争末期、
当時の日本軍は2度の元寇で、神風が吹き荒れ元軍艦隊を退散させた古事にちなみ、
"神風" という名の攻撃部隊や神風攻撃隊等を送りだした。
すると、日本軍に味方する様に "神風" が1度ならず2度も吹き荒れた。
それは1944年、米軍ハルゼー提督指揮の大艦隊がレイテに接近した時と、
翌年に米英軍大艦隊が沖縄近海に展開した時。
恐るべき威力の台風に襲われて、正規空母、高速戦艦や巡洋艦が軒並み大破。
日本軍の攻撃を上回る大損害を出したとのこと。
結果的に原爆が投下される結果となったのだが……



当時の日本軍部の命令によって、日本の寺院や大社にて、
米英に対する調伏が行われたことは、よく知られている。
第二次世界大戦末期、有名な寺で敵国覆滅の祈祷をしていた時、
炎が突如として天井まで噴き上がり、護摩堂が炎上した。
それを見た高僧の阿闍梨曰く、「これは負けだな、ダメだ」といったとのこと。
その半年たたずに、日本に原爆が投下され、
さらにソ連が満州に侵攻し、日本は降伏した。



ナチスのヒトラーがオカルトに大変な興味を持っていた。
というのは有名な話だが、
その同盟国の日本でもオカルトを戦争に利用したという節がある。
戦況が悪くなった日本は「呪術」により、
アメリカ大統領を暗殺しようとしたというのだ。
しかし、大統領の呪殺は成就しなかった。
ただ同時期にヒトラーが自殺したが、
呪術との因果関係は不明であるとのこと。



第二次世界大戦中、
アメリカ陸軍のバーンズ曹長は "弾が当たらない男" として知られていた。
ドイツ軍の撃った大砲が近くに着弾したにもかかわらず、
不発だったこともあった。
"ラッキーボーイ" ともてはやされた彼だが、
1950年7月、自宅に十数発の砲弾を受けて死亡した。
小遣い稼ぎが目的で軍から持ち出した戦車用の榴弾が、
何かの拍子で誘爆したからとのこと。

信じようと、信じまいと―




ロサンゼルスである男が、
ロアの露店で "不思議なCD" というものを売っていたので、
それを買ったという。
しかし、家に帰ってCDプレイヤーにそれを入れたところ、
雑音ばかり流れ、一向に何も起こらない。
騙されたと思い、男はCDを取り出そうとしたが、
その時不思議なことが起きた。
なんと、プレイヤーから出て来たトレイの上にあるはずのCDが無く、
振り返ると美しい金髪で肌が浅黒い男の子が立っていて、
こんなことをいったとのこと。
「お前は30代後半で腰を悪くする。やり方を考え直した方が良い」と。



2001年7月。
イギリスのある病院に、
友人の運転する車に同乗して事故に遭った男が運ばれてきた。
大手術の末、一命を取り留めたが両脚を失った彼は、
自分をこんな目に遭わせておきながら
姿を見せもしない友人に激しい怒りを抱き、
「あの男の心臓を止めてしまって下さい」と毎晩神に願った。
ある朝、男は心臓麻痺で死んだ。
ちなみに彼の胸には、その友人の心臓が移植されていたとのこと。



1972年、アメリカ北部の町に住むウエストマン氏は、
「自分の右手は他人のものだ」と周囲に漏らしていた。
あまり冗談を言わない彼は、深く悩んでいたものの、
具体的なことは何も言わなかった。
ある日、彼の家を訪ねた友人は、銃で頭を撃って死んでいる彼を発見した。
警察の調査では、彼は即死だった。
その後「この事件は自殺ではなく、他人である右手がやったものだ」
と主張する者が何人も警察に訪れたものの、全て無視されたとのこと。



イタリアの片田舎に、影を異様に怖がる富豪の男がいた。
彼は決して外出をせず、彼の自宅は床からも壁からも光を放っていた。
とある友人が「何故そこまで影を嫌がるのか?」と聞くと、
彼は「連れていかれたくないんだ」とだけ言ったとのこと。
ある春の嵐の日、富豪の男は雷による停電が起こった後、
行方不明になってしまった。
同時に友人の妻が出産、その息子は5年後に誘拐され、
とある廃屋の地下にて惨たらしい姿で発見されたという。



1976年2月、荒川のある病院に入院していた男がある行為の後、
「右腕がかゆい」と看護士に訴えた。
服を着つつ、看護士は困惑した。
彼は建設現場での事故で右腕を失くしていたからだ。
主治医は "脳の混乱" と考え、彼を納得させるため、
「見ていて下さい」とメスで "右腕がある場所" を刺してみせた。
すると次の瞬間、何もない空間から血が噴き出したとのこと。



ドイツ北部のとある村では、4月3日を "天使の記念日" とし、
小さな祭りを行って祝っているという。
その祭りは1786年の4月3日、
その村に "天使の羽" が降ったことに由来するものだという。
同地の教会に残る記録によれば、
それは仄かに青みを帯びた白い羽毛であり、
正午を告げる鐘の音と共に降り始め、
一帯を雪の様に埋め尽くしたとのこと。



1689年アメリカ・オレゴン州にて、
馬鈴薯農家の男が秘密の関係をもった使用人の青年を殺害。
自分の畑の近くに大きな穴を掘り埋めた。
翌年、男は収穫したジャガイモを自宅で食べると、
なんと中から殺した青年の指の骨が出てきたという。
他の出荷したジャガイモにも青年の様々な部分の骨が混入しており、
男はその後逮捕された。
埋めた場所は畑からある程度離れており、
何故ジャガイモに混入したのかは誰にもわからなかったとのこと。



2001年4月。
イギリスのとある町に、絶対に失敗をしない男がいた。
何かしらの問題が起こるたびに彼は完璧な解決をやってのけ、
周囲の人々は彼に絶対の信頼を置いていたほどだった。
ある日、彼の妻が何故失敗をしないのかと尋ねると、
「僕にとって今日は4回目の今日なんだ」と答えたとのこと。
その後、彼は人々に惜しまれながらも、若くして亡くなってしまった。
ちなみに享年24歳の彼の死因は老衰だった。

信じようと、信じまいと―




プロフィール
HN:
ポテチ/ラダ
年齢:
45
性別:
男性
誕生日:
1974/04/11
職業:
会社員
趣味:
単館系映画鑑賞、音楽や絵画鑑賞、そして絵を描くことと...
カレンダー
02 2020/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
忍者AD-MAX
フリーエリア
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]